仮想通貨

仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の特徴や将来性、買い方をわかりやすく解説!


仮想通貨バンドプロトコル(BAND)は、

世界で一番人気の海外取引所のBinanceに上場しています。


価格予想ができるプライスプレディクションによると、


現在の価格から2031年末の価格は、

約40倍まで上がると予想。


40倍にまで上昇!?

今すぐ特徴や将来性、買い方を教えて!

とーや


こんな悩みを解決します!


 

 本記事の内容

 
  • 仮想通貨バンドプロトコル(BAND)とは
  • 仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の特徴
  • 仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の将来性
  • 仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の価格推移
  • 仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の価格予想
  • 仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の購入の仕方
  • まとめ


よろしくお願いします!

とーや


仮想通貨バンドプロトコル(BAND)とは


仮想通貨バンドプロトコル(BAND)とは、


実世界のデータをスマートコントラクトに接続する分散型データオラクルプラットフォームです。


どういうことかというと、


オラクルにより、オンチェーンとオフチェーンにあるたくさんの情報を取り込めて、


ブロックチェーン技術により、高い安全性を持った仮想通貨なのです。


高い安全性と大量の情報を得られる仮想通貨!

とーや


用語確認

  • スマートコントラクト
    ⇒契約を自動化する手順のこと
    ブロックチェーンの仕組みで行っている
  • 分散型データオラクルプラットフォーム
    ⇒オンチェーンとオフチェーンをつなげるサービス
  • オンチェーン
    ⇒ブロックチェーン上で記録されている取引
  • オフチェーン
    ⇒ブロックチェーン上で記録されない取引
  • ブロックチェーン
    ⇒データをみんなで管理して記録が出来る
    データの改ざんや破損に対して強い


仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の3つの特徴


  • 特徴①:信頼性のある情報量が多い
  • 特徴②:安全性が高い
  • 特徴③:オラクルをDEX化したもの


特徴①:信頼性のある情報量が多い


バンドプロトコルは、オラクルを通すことで、


安全性が高く、多くの情報を得ることができる仮想通貨です。


情報を得ることで、BANDトークンという報酬がもらえます。


BANDトークンをもらって、ステーキングすれば、


さらに報酬アップを狙えるので、


購入するかたは、ぜひそれを試してみてください。


情報を得て、安全性が高く、お金を稼げる

とーや


用語確認

  • BANDトークン
    ⇒バンドプロトコルの中の仮想通貨
  • ステーキング
    ⇒仮想通貨をブロックチェーンで預けると得られる報酬


特徴②:高速で低コスト


バンドプロトコルは、高速で、コストが安いです。


それは、POWではなく、POSを使っているからです。


POSは、イーサリアムなどでも使われているブロックチェーン技術で、


コスト削減や、高速で決済できるので、


取引もしやすい仮想通貨となっております。


高速決済ができて、コストも安い!

とーや


用語確認

  • POW
    ⇒Proof of Work(プルーフオブワーク)の略
    仮想通貨の取引や送金データを、
    正しくブロックチェーンにつなぐための仕組み
    デメリットは、決済が遅く、
    中央集権が多いため、不正アクセスがされやすいこと
  • POS
    ⇒仮想通貨の取引や送金データを、
    正しくブロックチェーンにつなぐための仕組みの一つ
    決済スピードが速く、コストがかからない
    中央集権でないため、セキュリティが高い
    POWの上位互換のようなもの
  • イーサリアム
    ⇒世界で2番目に時価総額が高い仮想通貨
    決めた設定をあらかじめ決めておく、
    スマートコントラクト機能が搭載している
    POSが使われている仮想通貨


特徴③:オラクルをDEX化したもの


バンドプロトコルは、オラクルをDEX化したものです。


オラクルは、情報を仕入れることができますが、


中央集権型取引所だったことで、セキュリティが強くありませんでした。


しかし、バンドプロトコルは、


オラクルにブロックチェーンの技術をいれたことで、弱点だったセキュリティの弱さが改善されました。


ここまでは、特徴について解説していきました。


次は、将来性を紹介していきます。


オラクルの弱点を克服!

とーや


用語確認

  • 分散型取引所(DEX)
    ⇒Decentralized Exchangesの略
    分散型取引所のことで、
    ネット上で暗号資産の取引ができる取引所
  • 中央集権型取引所(CEX)
    ⇒取引を組織や会社が管理している取引所
    管理をしているから、その組織が、
    不正アクセスなどがあると、機能停止したりする
    中央集権型取引所は、POWが多い取引所です


仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の3つの将来性


続いては、バンドプロトコルの将来性を、


以下の通りに紹介していきます。

  • 将来性①:チームアドバイザーが優秀
  • 将来性②:バイナンスに上場、出資されている
  • 将来性③:WEB3での需要が高い


将来性①:チームアドバイザーが優秀


バンドプロトコルは、


以下の優秀なチームで動いています。

  • ソラビス・スリーナワクーン
    ⇒CEO(最高経営責任者)
    MS&Eで修士号、CSで学士号を取得
    スタンフォード大学を卒業
    ボストンコンサルティンググループ出身
    フォーブスの30歳以下の30人に選ばれた人
  • ソラウィット・スリヤカーン
    ⇒CTO(最高技術責任者)
    エンジニアリングとCSの修士号/博士号取得者
    マサチューセッツ工科大学(MIT)を卒業
    ハドソンリバー・トレーディング、クオラ出身
    ドロップボックスの制作に携わった
  • ポール・ナタパティシリ
    ⇒CPO(最高個人情報責任者)兼共同創業者
    トリップアドバイザー、Turfmappの制作に携わった
    2013年から80万人以上のユーザーを持つ暗号ゲームクリエイター


スタンフォード大学と、マサチューセッツ工科大学の卒業生がいます。


その卒業は、海外で有名な企業の出身者で、


CPOも、ユーザーを80万人以上持っているアプリ製作者です。


一人一人の経歴が高いので、期待ができます。


有名企業や大学の出身者!

とーや


用語確認

  • フォーブスの30歳以下の30人
    ⇒フォーブス誌が毎年発表していて、
    注目すべき30歳未満の30人のこと
    マークザッカーバーグや錦織圭など、
    ジャンルを問わず選ばれている
  • MS&E
    ⇒経営科学工学科のことで、
    工場や企業などの、
    時間の効率性と商品の品質を向上させる技術を研究する分野
  • CS
    ⇒コンピュータサイエンスのこと
    ※コンピュータサイエンスはコンピュータや情報、計算などの
    基本的な理論知識のこと

  • エンジニアリング
    ⇒数学、化学、物理学などの工学を使って生産に応用すること
  • マサチューセッツ工科大学(MIT)
    ⇒工学分野の最高峰の大学
    世界で5番目に頭がいい世界的な大学
  • 暗号ゲームクリエイター
    ⇒コンピュータゲームやアプリなどの、
    制作に携わった人のこと


将来性②:Binanceに上場、出資されている


バンドプロトコルは、世界で一番人気のある海外取引所の、


Binanceに上場していて、出資もされています。


Binanceに上場する審査は厳しく、


審査に落ちている草コインも多く少なくありません。


しかし、バンドプロトコルはそれを見事くぐり抜けて、


Binanceに上場することに成功しているので、将来性が高いといえます。


バイナンスに出資されて、上場もしている!

とーや


用語確認

  • Binance(バイナンス)
    ⇒香港の仮想通貨取引所
    世界で1番目に人気の取引所
    日本語に対応していて、手数料が一番安い海外取引所
  • 草コイン
    ⇒ビットコイン以外の仮想通貨すべて
    ※ビットコインは、世界で初めて出た仮想通貨で、
    ブロックチェーンの基盤になったもの


将来性③:WEB3での需要が高い


バンドプロトコルは、安く、早く、大量の情報を仕入られて、


安全性が高いという特徴を持っています。


さらに、グーグルクラウドであるビッグクエリと統合しているので、


専門知識がなくても利用ができる仮想通貨です。


今後の社会では、情報が大事になってきます。


なので、正しい情報が多いほど、未来の研究に役立つでしょう。


研究などで利用者も多くなることで、将来性に期待ができます。


ビッグクエリと統合!

とーや


用語確認

  • グーグルクラウド
    ⇒正式名称はグーグルクラウドプラットフォーム
    Googleが提供しているクラウドコンピューティングサービス
    世界的シェアが10%で3位
    ※クラウドサービスはアカウントがあれば
    誰でもサービスをうけられる
  • ビッグクエリ
    ⇒BigQueryの略で、グーグルクラウドのサービスの一つ
    データの処理速度が速く、安くて性能が高い
    専門的な知識がいらないなどの特徴がある


仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の3つの価格推移


将来性の高いバンドプロトコルですが、価格推移はどのようになっているのでしょう?


コインマーケットキャップでは、過去の推移を見ることができるので、


それに記載された過去データを3つ紹介していきます。


過去1か月の価格推移


  • 最低価格:1.07ドルで、日本円にすると約148円
  • 最大価格:3.66ドルで、日本円にすると約507円


2022年11月4日に最大価格が約507円になっています。


しかし、最低価格は、その約3分の1以上の約148円


たった1ヶ月で3倍以上も違いますね、


なので、価格変動が大きい仮想通貨だとわかります。


過去3か月の価格推移


  • 最低価格:1.07ドルで、日本円にすると約148円
  • 最大価格:3.66ドルで、日本円にすると約507円


過去3か月のデータですが、


過去1か月のデータと全く一緒でした。


過去1か月の価格変動が異常に高かったということですね。


過去1年間の価格推移


  • 最低価格:1.07ドルで、日本円にすると約148円
  • 最大価格:7.32ドルで、日本円にすると約1,015円


2021年11月14日には最大価格、約1,015円になっていました。


そこから約1年で、7分の1以上さがりましたね。


今の価格が約310円ほどなので、買い時ではありますね。


1年で7倍以上の価格低下!

とーや


仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の4つの価格予想


過去の価格推移を3つ紹介しましたが、


価格予想はどのようになっているのでしょうか?


現在の価格は約307円ですが、どれほど上がっていくのか、


価格予想ができるプライスプレディクションを使って、みていきましょう


2022年末の価格予想


  • 最低価格:2.56ドルで、日本円にすると約356円
  • 平均価格:2.66ドルで、日本円にすると約370円
  • 最大価格:2.76ドルで、日本円にすると約384円


現在の価格が、約307円なので、


約50円以上の価格上昇する可能性がありますね。


次は、2023年末の価格予想をみていきましょう。


2023年末の価格予想


  • 最低価格:3.61ドルで、日本円にすると約502円
  • 平均価格:3.71ドルで、日本円にすると約516円
  • 最大価格:4.45ドルで、日本円にすると約619円


現在の価格から最大価格を比べると約2倍になっています。


1年たっただけで、2倍にまで変わるのは驚きですね。


次は、2025年末の価格予想をみていきましょう。


2025年末の価格予想


  • 最低価格:7.63ドルで、日本円にすると約1,062円
  • 平均価格:7.84ドルで、日本円にすると約1,091円
  • 最大価格:8.83ドルで、日本円にすると約1,229円


現在の価格から最大価格を比べると約4倍にあがっています。


約3年で4倍にまでなっているので、


バンドプロトコルの性能を期待されているということでしょう。


2031年末の価格予想


  • 最低価格:75.32ドルで、日本円にすると約10,488円
  • 平均価格:77.45ドルで、日本円にすると約10,784円
  • 最大価格:88.82ドルで、日本円にすると約12,368円


現在の価格と最大価格を比べると約40倍にまで上昇。


2031年末は、仮想通貨も重宝している時代に到来しているということですね。


ここまで、価格予想を紹介していきましたが、


次は、バンドプロトコルの購入の仕方を簡単に解説します!


価格が期待をされている仮想通貨だね!

とーや


仮想通貨バンドプロトコル(BAND)の購入の仕方


仮想通貨バンドプロトコルは残念ながら日本で取り扱いをしていません。

なので、海外取引所を通して買う必要があります。


ぼくが国内取引所でオススメするのはbitFlyerです。


たくさんの海外取引所に上場していますが、


オススメなのは、Binanceでしょう。


簡単な手順はこちらとなります!


  • bitFlyerでビットコインを購入
  • ビットコインをBinanceに送金
  • Binanceでバンドプロトコルを購入する


用語確認

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    ⇒安全性が高く、少ない金額で大きな金額を狙えるレバレッジがある国内取引所
    ※レバレッジ取引は少ない金額で倍以上の金額を狙うことで、
    いわゆるギャンブルのようなものです
  • ビットコイン
    ⇒世界で初めて出た仮想通貨で、
    ブロックチェーンの基盤になったもの
    ※草コインは、ビットコイン以外の仮想通貨すべて


まとめ

仮想通貨バンドプロトコルは、情報を得られるメリットがあり、


どの業界でも需要が高い仮想通貨です。


今後の社会は、情報が命になるので、


安全な情報を公開してくれるバンドプロトコルは、かなり期待ができます。


しかし、注意してほしいのは、


価格予想はあくまで予想にすぎません。


なので、暴落する恐れがありますので、


損失を防ぐために、余剰資金の範囲で購入するようにしましょう。


最後までお読みいただきありがとうございました!

とーや


-仮想通貨
-, , ,