仮想通貨

仮想通貨オーシャンプロトコル(OCEAN)を特徴や将来性、買い方をわかりやすく解説


仮想通貨オーシャンプロトコル(OCEAN)は、


世界で一番人気の仮想通貨取引所のバイナンスに上場しています


価格予想ができるプライスプレディクションによると、


現在価格から2031年の仮想通貨オーシャンプロトコルの価格は、


約28倍になると予想されています。


2031年に価格が28倍!?

特徴や将来性、買い方を知りたい!

とーや


こんな悩みを解決します!


 本記事の内容

  • オーシャンプロトコルとは?
  • オーシャンプロトコルの特徴
  • オーシャンプロトコルの将来性
  • オーシャンプロトコルの買い方
  • オーシャンプロトコルの価格推移
  • オーシャンプロトコル価格予想
  • 本記事のまとめ


順番に解説していきます!


オーシャンプロトコルとは


オーシャンプロトコルとは、


安全性・透明性を保ちながらデータの共有・消費を可能にする分散型プラットフォームのこと。


これだけではピンとこないですよね笑


簡単に言うと、セキュリティが高く、

個人や企業のデータと暗号資産の価値を売買することが可能なNFTマーケットプレイスです


ブロックチェーン技術を使い、データを共有しているので第三者にも見れるようになっています。


それでは、次は特徴を4つ紹介していきます!


用語確認

  • ブロックチェーン
    ⇒データをみんなで管理して記録が出来る
    データの改ざんや破損に対して強い。

  • 分散型プラットフォーム
    ⇒WEB上で提供される分散されたサービスのこと

  • NFT(Non fungible tokenの略)
    ⇒代替不可能なトークンのことで、仮想通貨は代替がききますが、NFTはそれがありません。
    例えば、有名人のサインやデジタルアート、ゲームなどがあります。

  • マーケットプレイス
    ⇒企業間取引(B to B)のことで、
    商品を買いたい人と売りたい人の取引をネット上ですること


データの価値を売買してお金を得る仮想通貨!

とーや


オーシャンプロトコルの3つの特徴


オーシャンプロトコルを簡単に解説しましたが、具体的な特徴はなんなのでしょうか?


オーシャンプロトコルの特徴を以下の順番で解説していきます。

  1. 特徴①:データサービスの公開・消費を簡単にできる
  2. 特徴②:データ売買の分散型取引所
  3. 特徴③:データをみてAIモデルを改善させる


特徴①:データサービスが公開される


オーシャンプロトコルのデータは、


相互運用可能なERC721 data NFTsとERC20 datokensとして公開されます。


どういうことかというと、


ユーザーがデータを公開することですべての人から見られます。


もし悪質なサイトを売ろうと考えている人がいれば


情報を拡散されてしまうのですぐに発見してしまうのです。


販売者は公開したデータの価格を自由に設定でき、収益性も高いのだとか。


ユーザーも安全に取引ができますね!
※安全なプライバシーを保ちながら収益化できることをデータパブリッシャーといいます。


  • ユーザーと安全な取引ができる
  • プライバシー保護できる
  • 情報公開しているから悪質なユーザーが減る


データを公開しているから

安全性が高い!

とーや


特徴②:データ売買の分散型取引所


データを売買できるオーシャンプロトコルですが、


Compute-to-Dataにより、


プライベートデータの売買を可能にしています。


オーシャンプロトコルは、データ用に調整された分散型取引所(DEX)というわけです。
※手に入れにくいデータを(プライベートデータ)を買う人をデータコンシューマーといいます。


  • 自分のデータが貴重であればあるほど価値が上がる
  • 渡しづらいデータも渡せば収益になる可能性あり
  • データを売買してお金を稼げる


データなら換金できる可能性がある!

とーや


用語確認

  • ERC721
    ⇒イーサリアムの技術を使って企画をすること

  • ERC20
    ⇒データアクセス制御のことで、
    ネットやコンピュータにアクセスできるユーザーを制限します

  • Compute-to-Data
    ⇒良質なデータを持っているユーザーから
    そのデータをもらうときに、安全に取引ができる環境のこと

  • プライベートデータ
    ⇒性に関する情報などの知られたくないデータ

  • DEX(Decentralized Exchangesの略)
    ⇒分散型取引所のことで、
    ネット上で暗号資産の取引ができる取引所


特徴③:データをみてAIモデルを改善させる


オーシャンプロトコルは莫大の量のデータが公開されるため、


そこに良質な情報があれば、


AIモデルを改善させることもできます。


要は、データでAIを進化させられるということですね。


データがあることで、AIが自動で最善策を打てるので、期待できそうですね!


  • データがあればAIがその中で最善策を出してくれる
  • AIが教えてくれるから、様々な業種で使えて利便性が高い


AIがデータをみて最善策を指示!

とーや


オーシャンプロトコルの4つの将来性


続いては、


オーシャンプロトコルの将来性はどれほどあるのか、


ぼくなりに解説していこうと思います!


  • 将来性①:データを売買して進化するという新しさ
  • 将来性②:バイナンスに上場している
  • 将来性③:大手自動車メーカーが協力
  • 将来性④:医療で役立つ技術


将来性①:データを売買して進化するという新しさ


データの売買ができて、


AIを搭載した仮想通貨は今のところ、


オーシャンプロトコルしかありません。


高い価値のあるデータほど高く売買されるので、


高い価値のあるデータを持つ有名企業の参入率も多くなると予想できます。


有名企業の参入はありそうだね

とーや


将来性②:バイナンスに上場している


バイナンスに上場するのは、


難易度が高いらしく、なかなか上場しない仮想通貨が多いです。


しかし、その機能性が認められたからか、審査が通り、


バイナンスに上場することに成功しているので、


期待できる仮想通貨です。


将来性③:大手自動車メーカーが協力


オーシャンプロトコルは、


あの大手自動車メーカーであるBMWと開発協力をしています。


AIのところに目をつけたらしく、


AI駆動の自動車を製造して交通事故を防ぐのが狙いです。


世界の交通事故による年間死亡者数は、


約135万と、かなりの人数なので、


安全性の高いAIが搭載されれば、


この年間死亡者数を激減する可能性があるので、期待できます。


  • AIが進化すれば、自動運転が可能
  • 交通事故の死亡者を減らせる
  • BMWが機能性を認めた


あのBMWが認めたなら期待できる!

とーや


用語確認

  • BMW
    ⇒ドイツのバイエルン州ミュンヘンを拠点とした大手車メーカー
    子会社にロールスロイスやMINIなどを持っている


将来性④:医療で役立つ技術


莫大なデータが公表されることで、データが見つかります。


それにより、未知の病気を治す最善策を打つことが可能です。


その機能があれば、病気による死亡者数も減らせて、


治し方が示されているので、医者も治療に専念できるでしょう。


今後のAIの進化に期待です。


  • データがあれば、すぐ患者の治療に取り掛かれる
  • 医者が少なくなっているから、医者にとっても時短になる


AIが治療法を教えてくれる!

とーや


オーシャンプロトコルの3つの価格推移


将来性の高いオーシャンプロトコルですが、価格推移はどのようになっているのでしょう?


コインマーケットキャップでは、過去の推移を見ることができるので、


過去データを3つ紹介していきます。


過去1か月の価格推移



2022年11月13日の価格が最低価格で、


約20円ほどにまで下がっていました。


最大価格は約28円で、8円も上がっていますね。


  • 最低価格:日本円にすると約20円
  • 最大価格:日本円にすると約28円


過去3か月の価格推移



2022年11月14日の価格が最低価格で、


2022年9月11日には最大価格31円にまで上昇しました。


11円の変動は大きいですね。


  • 最低価格:日本円にすると約20円
  • 最大価格:日本円にすると約31円


過去1年間の価格推移



2022年の11月14日の価格が最低価格で、


2021年12月1日には145円でしたが、


現在は28円まで下がっていました。


  • 最低価格:日本円にすると約20円
  • 最大価格:日本円にすると約145円


グラフをみてわかる通り、


非常に価格変動が激しい仮想通貨です。


ですが、今は2021年12月1日と比べるとかなり下がっています。


買いときではありますが、なるべくは余剰資金の範囲でやってみてください。


価格変動が激しいからよく考えてから買おう!

とーや


オーシャンプロトコルの4つ価格予想


過去の価格推移の4つ紹介しましたが、


価格予想はどのようになっているのでしょうか?


現在の価格は約28円ですが、どれほど上がっていくのか、


プライスプレディクションを使ってみていきましょう!


2022年末の価格予想


  • 最低価格:0.17ドルで、日本円にすると約25円
  • 平均価格:0.18ドルで、日本円にすると約26円
  • 最大価格:0.19ドルで、日本円にすると約28円


現在の価格と最大価格が一緒ですね。


ということは、


これ以上あがる可能性は低いことがわかります。


2023年末の価格予想


  • 最低価格:0.25ドルで、日本円にすると約37円
  • 平均価格:0.26ドルで、日本円にすると約38円
  • 最大価格:0.30ドルで、日本円にすると約44円


現在の価格と最大価格を比べると、


16円以上の価格上昇していて、約1.6倍以上です。


2025年末の価格予想


  • 最低価格:0.52ドルで、日本円にすると約77円
  • 平均価格:0.53ドルで、日本円にすると約78円
  • 最大価格:0.62ドルで、日本円にすると約91円


現在の価格と最大価格を比べると、


約3倍以上にも膨れ上がっています。


どんどん仮想通貨の需要が高まっている証拠です。


2031年末の価格予想


  • 最低価格:4.50ドルで、日本円にすると約666円
  • 平均価格:4.63ドルで、日本円にすると約685円
  • 最大価格:5.46ドルで、日本円にすると約808円


現在の価格と最大価格を比べると、


約28倍以上の価格になっています。


2031年は、仮想通貨が当たり前の時代に到来しているからかもしれませんね。


オーシャンプロトコルの購入の仕方


オーシャンプロトコルは残念ながら日本では取り扱っていません。


なので、国内取引所から海外取引所に送金をする必要があります。


国内取引所だったらbitFlyerをオススメします。


オーシャンプロトコルは、


Binanceに上場しているので、


Binanceからオーシャンプロトコルを購入するといいでしょう。


簡単な手順はこんなかんじです!


  • bitFlyerにビットコインを入金
  • Binanceにビットコインを送金
  • 送金後、ビットコインでオーシャンプロトコルを購入


用語確認

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    ⇒安全性が高く、少ない金額で大きな金額を狙えるレバレッジがある国内取引所
    ※レバレッジ取引は少ない金額で倍以上の金額を狙うことで、
    いわゆるギャンブルのようなものです

  • Binance(バイナンス)
    ⇒世界で一番人気の仮想通貨取引所
    日本語に対応していて、手数料が安い海外取引所
  • ビットコイン
    ⇒世界で初めて出た仮想通貨で、
    ブロックチェーンの基盤になったもの
    ※草コインは、ビットコイン以外の仮想通貨すべて

まとめ


オーシャンプロトコルは、草コインの中でも価格が高く、将来性があります。


なにより、データを集めてAIが最善策を打つというのは、


誰もが欲しがる性能です。


しかし、価格はあくまで予想でしかないので、


確実性はありません。


なので、もし買う場合は、余剰資金の範囲で行うことをオススメします。
※今は円安になっていて、価格が変動しているので、
他のライターさんと金額が異なっている場合があります。


最後までお読みいただきありがとうございました!

とーや

-仮想通貨
-, ,