仮想通貨

仮想通貨リードオン(ReadON)の将来性をわかりやすく解説!


今注目を集めているリードオン(ReadON)の買い方や将来性を知りたい人は多いでしょう。


当記事では、リードオン(ReadON)の買い方、将来性をわかりやすく解説していきます。


仮想通貨リードオン(ReadON)とは


リードオン(ReadON)とは、Game-Fiの仕組みを使ってWEB3.0上で電子書籍が読めること


これではあまりよく分かりませんよね笑

簡単に言えば、記事を見て仮想通貨トークンを稼げるというわけです。


正確には、「メガネ」というNFTがあり、それをリードオンの市場で購入して装備をする。


その状態でコンテンツを読むと、報酬でゲーム内通貨の「Readトークン」がもらえるというわけです。


さらに、ReadトークンでメガネNFTをアップグレードさせるとRGTというガバナンストークンがもらえます。


記事を見て仮想通貨トークンを稼げるNFT!

とーや


用語確認

  • Game-Fi
    ⇒Game(ゲーム)とFinance(金融)をつなげた言葉
    ゲームをしながらお金を稼ぐことができる
  • ブロックチェーン
    ⇒仮想通貨の仕組みの1つ
    データを分散することで、改ざんやハッキングの被害を抑えられる仕組み
  • WEB3.0
    ⇒ネットワークでブロックチェーン技術を応用したもの
  • トークン
    ⇒仮想通貨の中の仮想通貨
    特定の仮想通貨を保有することで得られるもの
  • NFT
    ⇒Non-Fungible Tokenの略で、非代替性トークンという意味
    有名人やアーティストなどのデジタルアート作品などに商品価値をつけたもの
  • ガバナンストークン
    ⇒トークンの保有者に投票権を与えるもの


リードオン(Read ON)の10個の将来性


記事を読むだけでお金が得られるリードオンですが、将来性はあるのでしょうか?


次は、将来性を10個ほど紹介していきたいと思います。


将来性①:スマホ対応をしている


仮想通貨リードオンは、androidやiosのスマホに対応しています。


スマホに対応しているということは、どこでも記事を見れて、仮想通貨を貯められるということ。


ニュースを見ながらお金稼ぎましょう。


ニュースを見る人にオススメだよ!

とーや


将来性②:耐久性と回復性


購入した各メガネNFTは、耐久度がマックスから始まりますが、使用するにつれて耐久度は低下していきます。


耐久度が0になると、修理モードという状態になり、報酬が発生しなくなります。


しかし、メガネNFTは、Readトークンを支払うことで修復することも可能です。


なので、Readトークンがあればいつでも復元させることが可能になるというわけです。


メガネNFTには耐久度があるんだね!

とーや


用語確認

  • Readトークン
    ⇒Readを保有していることで得られる仮想通貨の中の仮想通貨


将来性③:ツイッターのアカウントをNFT化できる


リードオンでは、ツイッターのアカウントをNFT化できます。


アカウントの影響力を測れて、トークンも獲得可能です。


このNFTは、ディスコードで無料発行が出来るので、ぜひやってみましょう。
※期間は10月末で終了となります。


アカウントで仮想通貨を稼げる!

とーや


将来性④:検索回数が少ないこと


グーグルで検索された回数は10~100と、決して高い数字ではありません。


ということは、読書で稼げる仮想通貨自体がまだないとも考えられます。


記事を見ながらお金を稼げるなら、今後の需要は高まり、検索ボリューム数は確実に伸びていきます。


幅広いユーザーに広まっていくでしょう。


仮想通貨初心者の増加も見込めるね!

とーや


将来性⑤:コンテンツが豊富


リードオンのコンテンツは無料版と有料版があります。


リードオンの無料コンテンツでは、主にデジタル記事を見てお金を稼ぐことです。


有料コンテンツでは、デジタル記事以外に、「小説」や「ビデオ」などを見て稼ぐことも出来ます。


アプリでいうところの「Brave」のような機能を持っているわけです。


コンテンツの幅が広い!

とーや


用語確認

  • Brave
    ⇒ウェブブラウザの1つで、通信量を抑えられて広告を消す。
    ビットフライヤーと提携すれば仮想通貨も貯められる


将来性⑥:チームメンバーが優秀

  • ネオ
    ⇒共同創業者の一人
    ゲームやアプリケーションの会社を設立して1000万ドル以上収益を上げた人物
  • トロイ
    ⇒共同創業者の一人
    カーネギーメロン大学自然言語処理研究室でコンピュータサイエンスの修士号を取得した実績を持つ人物
    ※カーネギーメロン大学はコンピュータサイエンスの分野で世界一位の大学
  • マイク
    ⇒パートナーの一人で、元グーグルのソフトエンジニア
    東南アジアで、1000万人以上のユーザーを持つBuzz Break newsの創業者

※残念なことに、名前はありましたが、性名まではホワイトペーパーにもありませんでした。


全員がIT業界のプロ集団!

とーや


将来性⑦:今後のプロジェクトが明確であること



このように、ホワイトペーパーには今後の計画が明確にしているので、ユーザーにとっても嬉しい情報です。
※ホワイトペーパーは公式サイトで出している説明書のこと


草コインの中で、ロードマップを明確化しているものは少ないので、購入準備がしやすく、備えられます。


もし購入する方は、よく調べてから購入を検討してみましょう。


今後のプロジェクトを記載!

とーや


将来性⑧:ディープラーニング機能の搭載


ディープラーニングとは、人間が自然にやるタスクを機械が学習して、データの特徴を抽出すること。


つまり、自分が調べるコンテンツ情報を機械が自動で表示してくれるシステムです。


なので、自分が見たい記事を自動で表示してくれるので、いちいち検索しなくてもよくなります。


ユーザーの時短になって、好きに記事を読むことが出来るので、自由度が高いですね。


好きなジャンルのオススメを表示!

とーや


将来性⑨:レベルアップが出来る


メガネNFTは、種類がいくつかあって、高いNFTであるほど報酬も高くなります。


しかし、メガネNFTにはトークンを消費したレベルアップ機能があります。


それは、報酬効果の少ないNFTでもアップグレードにより進化させることが可能なこと。


安いNFTでも、長期的に考えれば、初期の報酬よりも高い報酬が期待出来るでしょう。


レベルアップで報酬が増加するよ!

とーや


将来性⑩:シードランドで200万ドル調達


シードラウンドとは、創業前や創業して間もない状態のこと。


これらの企業がリードオンを支援しています。


支援総額は200万ドルほどで、約3億円ほどの金額を受け取っているそうです。


3億円も支援していると聞くだけで、将来を期待を持てますね。


リードオン(Read ON)の簡単な購入の手順


リードオン自体が登場していないので、まだ購入すら出来ません。


草コインだと予想されるので、海外取引所で買いましょう。


ざっくりとしたNFTの購入方法は以下の通りです。

  1. 国内取引所で仮想通貨を買う
  2. 海外取引所に送金する
  3. メタマスクに送金する


※リードオンの情報が公表され次第、購入方法を解説します。


用語確認

  • 草コイン
    ⇒有名ではない仮想通貨
    ビットコイン以外は全て草コインだと言われている


まとめ


仮想通貨リードオンは、読書で簡単に稼ぐことが出来る将来性が高いNFTです。


初心者でも簡単に稼げることができ、知識を得れるという強みがあるので、価値の高騰に期待出来ます。


もし当記事を見てリードオンに購買意欲が湧いた人は、余剰資金の範囲で購入するようにしましょう。


最後までお読みいただきありがとうございました!

とーや

-仮想通貨
-, , ,